FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
とうがらし
とうがらし

 ハバネロは、世界で一番辛い唐辛子といわれている。
名前は知らないが、うちの庭の片隅にも種から植えて育てた唐辛子がある。
あまり見かけない実の形で、味はハバネロのように舌が切れそうなくらい辛い。
しかし、辛い味に似合わずハンドベルのような可愛いらしい唐辛子だ。

方 言
ハバネロや しきんじ     いちばん からさんでぃ いらっとーん
ハバネロは 世界(世間)で  一番   辛いと     言われている
なーや しらんしが わったーなーぬ かたひらぐゎーなかい さにから 
名前は 知らないが うちの庭の    片隅にも           種から  
いーてぃ すだてぃてぃ ちゃぬ こうれーぐすぬあん
植えて  育てて     来た   唐辛子がある

ゆすんじぇー あんすか んーちぇ~んーだん かたち そーん  
よそでは    あまり   見かけない       形(を)している
あじぇ~ ハバネロ  ぐとーぬ  しばぬ ちりーぎさー ないぬあたい  からさん
味は   ハバネロ(の)ように   舌が  切れそうな  くらい       辛い
やしが からさぬあじとー うちゃーらん ハンドベルぬぐとーぬ 
しかし 辛い味とは     似合わぬ    ハンドベルのような 
うじらーさぬ こーれーぐすやん
可愛らしい  唐辛子だ


トラノオ(サンスベリア)の花と実
トラノオ(サンスベリア)の花と実

 トラノオは、マイナスイオンを発散するというので室内で育てている人が多い
うちの小さな庭にも二種類のトラノオがあり お風呂場や居間などそれぞれの
部屋に置いている
 しかし これまでマイナスイオンを発散するという葉だけに気を取られ
花や実のことは考えたこともなかった。

 当然といえば当然なんだけど、お花も咲くんだね。
レース編みのようなお花も綺麗だけど、オレンジ色の実もかわいい。

方  言
とぅらぬじゅー や マイナスイオン     んじゃすんでぃいち 
トラノオ     は マイナスイオン(を)   出すというので 
ちかぐろ~ やーぬ なーかんじ すだてぃとーぬ ちゅぬ まんどーん
近頃は    家の   なかで     育てている   人が   多い

わったー ぐまなー   かいん トゥラヌジューぬ たさにあてぃ
うちの    小さな庭   にも  トラノオが     二種類あり 
ゆーふるとぅ   にばんじゃー なーなー     じゃしちかいん うちぇーん
お風呂場と     二番座    それぞれ(の)   部屋にも    置いている 

やしが くりまでぃ マイナスイオン      んじゃすんでぃ  いいぬ
しかし  これまで  マイナスイオン(を)    出すと      いう
ふぁーぬ くとぅびけー ちぶるんかい あてぃ 
葉の     事だけ   頭に      あり

はなとぅ みーぬ くとぅや  かんげーたぬくとぅー ねーんたん
花と   実の   ことは   考えたことは      なかった

あたいめーんでぃ いれー あたいめーやしが はなん さちゅさやー
当たり前と      言えば 当たり前だけど  花も   咲くんだね

レース編みぐとーぬ はなん ちゅらさしが  あかちーるーそーる   みーん
レース編みのような 花も   綺麗だけど  オレンジ色をした     実も
うじらーさん
かわいい


ぎんなん
ぎんなん

 
 去年の11月だったか12月だったか忘れてしまったが、生協でぎんなんを売っていた。
「珍しいものを見付けた」と嬉しくなった。
「きょうは、ぎんなんが食べられる」と嬉しくなったわけではなく、「これは生のぎんなんだし食用とはいってもイチョウの種だ。植えたら生えるかもしれない」と思い植えてみた。
生えた。

方  言
くじゅぬ しむちちがやたら しわーしがやたら わしりてぃねーんしが 
去年の 霜月だったか  師走だったか    忘れてしまったが
生協んじ ぎんなん     うとーたん。
生協で  ぎんなん (を)  売っていた。 
「みじらしいむん みちきたん」  んち  いいりきさたん。
「珍しいもの(を)見つけた」     と   嬉しくなった。
「ちゅうや ぎんなん かまり~っさー」   んち いいりきさたぬばーや あらん。 
「今日は  ぎんなん (が) 食べられる」  と  嬉しく   なったのでは ない。

うれー いまぬ ぎんなんるやるやるむん かみむんでぃ いちん イチョウぬ さにるやる  
これは 生のぎんなんだし          食用とは     いっても  イチョウの 種だ。 
いーれー みぃーがすら わからん」 んでぃ んむてぃ いーてぃ んーちゃん。  
植えたら 生えるかも  知れない」  と  思い     植えて みた。

みーてぃっち なまー ふぁーぬ んじてぃちょーん。
生えてきて  今は   葉が   出てきている

沖縄口で文章を書くにあたって
 沖縄口で文章を書くにあたっ

 私は、言語を研究している者ではありませんので詳しいことは分りませんが、沖縄口は日本語の
標準語のように言い方、発音、イントネーションなど細部を含めますと、はっきりと決められた
沖縄口の標準語というものはないように思います。

 沖縄口は、宮古、八重山、沖縄本島それぞれ違っていて、特に、宮古、八重山と本島では、持論ですが
大阪弁と東北弁以上の違いがあるように感じます。
 本島のなかでも、首里、那覇、本島南部、中部、北部それぞれ言い方、特に、イントネーションなどは
本島内といえどもかなりの違いがあります。
 細かいことを言いますと、わたしの住んでいた地域と隣接した地域でさえイントネーションに
かなりの違いがあり話し方によって、どこの地域の出身なのか特定できるほどです。

 沖縄口の達者な父世代は、お互いの地域の言葉を巧みに混ぜながら会話をしていましたが、私の場合は
本島内の沖縄口は殆ど聞き取ることは出来ますが、ネイティブな話し方となると残念ながら
自分が生まれ育った地域の沖縄口だけです。

 このブログのなかの沖縄口は、昭和40年代頃まで一緒に生活をしていた祖母(明治17年生)や
家族との沖縄口を思い出しながら日常のことを書いてみたいと思います。


はじめまして
みな様 はじめまして

ぐすーよー はじみてぃ うぅがなびら

 最近では、沖縄口を話す方も少なくなって来ましたが、私が子供のころは
家庭や近隣地域などではほとんど沖縄口で話をしていました。

 しかし、この頃は私自身も、ほとんど沖縄口を話さなくなり、
このままだと、月日とともに沖縄口を忘れ去ってしまいます。
手繰り寄せればまだ記憶の中にあるうちに、少しずつ沖縄口で
あれこれ書いてみたいと思います。
Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.