FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »03
ちとぅ たまし (あびーんの続き)
ちとぅ たまし  「あびーん」の続き  

まかとぅー:おばあちゃん まだ 頑張っておられるんですね
んめー  :そうなのよ もう 終りそうだし もう少しもう少しって
       思っているうちに こんなに遅くなってしまって

まかとぅー:太陽もそろそろ沈みそうですよ オレンジ色で綺麗ですね
んめー  :そうねぇ うちのおじいちゃんも 夕食を待ち兼ねて
       いる頃と思うわ 早めに夕食にしないと
       いつも8時頃には寝てしまうのよ

まじるー :そんなに早くお休みになるんですか
んめー  :そう 老人は日が暮れると眠くなってしまって
       それでも朝は4時には起きるわよ
まかとぅー:それでしたら 早く帰りましょうよ
       明日 耕したらいいですよ
んめー  :そうね そうするわ

まじるー :あ そうだ
       これ ケーキですけど ちるーから おばあちゃんにと
預かって来ました とても美味しかったですよ
まかとぅー:おばあちゃんが「畑仕事をなされていた」って
        話しましたら 「じゃあ このケーキを
         おばあちゃんにも差し上げて」って
        言われて預かって来ました

んめー  :え~ 私に~ わざわざいいのに
       それは あなたたちが食べなさいよ
まじるー :いいえ 私たちも別々に頂きました
       これは おじいちゃんとお2人で召し上がって下さい
んめー  :それじゃ 折角だから2人で頂かせてもらおうかしら
       いつお迎えが来るか分からないし 美味しいものは
       今のうちに食べておかないとね ははは

まじるー・まかとぅー:あはは

まかとぅー:もう おばあちゃんったら まだお若いじゃないですか
まじるー :あはは それでは帰りましょうか 持ち物は鍬だけですか
んめー  :んーんんー あの草むらにヒーラと鎌を置いてあるので
       持って来てちょうだい

まかとぅー:ないですよ
んめー  :もっと 左の方の草むらよ
まかとぅー:あ~ ありました
んめー  :このトロッコに載せてちょうだい
まかとぅー:私が押しますよ
んめー  :んーん これを押した方が私は歩き易いから

まかとぅー:そですか では ゆっくり押して下さいね
んめー  :んん ありがとう
       ねぇ 見て御覧なさいよ 夕焼けが綺麗ね
まかとぅー:ほんと 綺麗ですね~


沖縄口

まかとぅー:んめーたい なーま はまてぃる うぅいびーさやー
       おばあちゃん まだ  頑張って  いらっしゃるんですね
んめー  :いー なー    うわいるするむん なーくーてんぐゎー
        んん もうすぐ  終りそうだし   もう少し

       なーくーてんぐゎー んち うむとーるうちに なまなてぃ
       もう少し        と  思っているうちに 今になって
まかとぅー :なー    いりん あこーくろーっし ちょーいびーんどー
        もう既に  西(の空)も 茜色になって 来ていますよ

んめー  :やさ  わったー  たんめーん     ゆーばんまちかんてぃー
        そうね  うちの   おじいちゃんも  夕食を待ち兼ねて
       そーぬ はじやさ また       へーくなー ゆーばん
       いる  はずだ  また(だとしたら) 早く夕食(を)
       うさぎらんでー 8時なれー にんじみせーぐとぅよう
       差し上げないと  8時になったら お休みになるからね
まじるー :うぬ へーくなー にんじみせーんな~
      そんなに 早く   お休みになるんですか
んめー  :いー とぅすいや ゆーいれー にーぶいっし
      んん  年寄は   日が沈んだら 眠くなって
      あんしん あさ~ 4時ねー うきーんど~
      それでも  朝(は)4時には 起きるわよ

まかとぅー:あんせーなー へーくなー けーやびらな
       でしたら     早く     帰りましょうよ
       あちゃ~ かじーせー ましやいびーさ
       明日    耕したら  いいですよ

んめー  :あんやさやー なー    あんすんてー
       そうね     それでは  そうするわ
まじるー :あー あんやいびーたさ
       あ  そうでしだ
       んめー たい    くれー んめーちとぅんち
        おばあちゃん(敬語) これは おばあちゃんへの手土産として

       むたさっとーいびーさ
       持たされましたよ
      いっぺー まーさぬ けーきー やいびーんど~
      とても   美味しい ケーキ  ですよ

まかとぅー:んめーが 「はるかじー    はまとーみせーたん」   でぃ
      おばあちゃんが 「畑(を)耕すのに せいをだされていた」 と
      ちるーんかい いやびたぐとぅ 「あんせー
      ちるーに    言いましたら  「それなら
      んめー        ちとぅん      むっちいけー」
       おばあちゃん(の) 分の手土産を  持って行って」

      んでぃ いち ちるーんかい むたさっとーいびーさ
       と   言って ちるーに    持たされましたよ
んめー  :あいゑーなー わんまでぃんな~
       あらまぁ    私(の分)まで
       んーが  あんし   ゐーっくゎ やる
       どうして  こんなに  良い子   なの
      
      あんしが うれー いったー かめー
      だけど   これは あなたたちが 食べて
まじるー :うぅーうぅうぅー わったー たましん なーなーめー
      いいえ       私たちの 分は   別々に
       むっちょいびーるむん たんめーとぅ   たい うさがみそーれー
       持っておりますもの   おじいちゃんと 二人 召し上がって下さい

んめー  :やんなー あんせー ちるーが ちむぐくる
       そうお   なら   ちるーの 心づくし(を)
       うきぃとぅてぃ たい    かむんてー 
       受け取って  二人(で) 食べるわ

      いちが んけーいが ちゅーら わからんむん
      いつ   迎えが   来るか   わからないもの
      まーさむんや かどーかんでーやー (笑)
      美味しいものは 食べておかないとね (笑)

まじるー・まかとぅー:(笑い)

まかとぅー:うぬ んめーよーなー
       この  おばあちゃんったら(何をおっしゃいますやら)
       なーま わかさいびーるむんぬ
        まだ  お若いじゃないですか

まじるー :あんせー けーやびらな にむちぇー くぅぇーびかーる
       それでは 帰りましょうか 荷物は   鍬だけ
       やいびーんな~
       ですか
んめー  :ゐーゐゐー あぬ くさぬみーんかい ひーらとぅ いらな
      んーんんー あの  草の中に    ヒーラと  鎌(を)
      うちぇーしが    とぅってぃっち とぅらせー
      置いてあるので 取って来て  ちょうだい

まかとぅー:ねーやびらんどー
      ないですよ
んめー  :なーひん ひじゃいぬ くさぬみーよー
      もっと    左の    草の中よ
まかとぅー:あ~ あいびーたん
      あ~  ありました
んめー  :うぬ いちりんしゃんかい ぬしれー
      この  トロッコに    載せて
まかとぅー:わんが うすいびーさ
      私が   押しましょう
んめー  :ゐーゐゐー わんねー うりうすてぃる あっちやっさるむん
       んーんんー  私は   これを押した方が 歩き易いもの
まかとぅー:やいびーんな~ あんせー よーんなー うすいみそーれー
      そうですか    でしたら   ゆっくり   押して下さい
んめー  :いー かふーしどぅ
      んん 有難う
       えー んーちんーでー うてぃーてぃーだぬ ちゅらさよー
       ねぇ 見てご覧     入日の      美しいこと
まじるー :やいびーんやーたい あんし ちゅらさいびーる  
       そうですね      何と   綺麗でしょう


Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.