FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
潮干狩り
             潮干狩り

               沖縄口
まかとぅー:まじるー くり んーちんでぃ     ちゅらさらやー
       まじるー これ  見て(御覧なさい)    綺麗でしょう
まじるー :あいなー あんし ちゅらさぬ んーなやる
       あら~  なんと  綺麗な  巻貝だこと

まかとぅー:やらや~ くぬゑーだ とぅってぃちゃん
       でしょう~ この間   獲ってきたのよ
       なーがてぃ さんぐゎち はまうりやせーやー
       もうすぐ   3月    浜下りでしょう~
       なーま へーさんでぃや     うむいたしが
       まだ   早いかも知れないと  思ったが

       くぬめーぬ どよーべー 大潮やたせー
       この前の   土曜日は  大潮だったでしょう
       うすん ひっちが   うぅらんち
       潮も   引いて    いるかと
       んじちゃんよー  やしが   しちんち  あんやー
       行って来たのよ   だけど   時期って あるのね

       はまうりぬひー    ぐとー   うそ~ ひっちぇー
       「浜下り」の日(の)  ようには  潮は  引いて
       うぅらんたん んーなん なー  むる 
       なかったわよ  貝も   もう  全部(ほとんど)

       うぅらん なとーるむん
       いなく   なっているもの

まじるー :あんしん うっさなー とぅっちちぇーせー
       それでも  こんなに  獲ってきたじゃない
       なーま あんし ちゅらさぬ んーなん うぅさやー       
       まだ   こんなに 綺麗な  巻き貝も  いるのね
       んかせー なーひん まぎさぬむぬん うぅたしがやー 
       昔は    もっと  大きなのも   いたわよね

まかとぅー:やたさ   んーなんでー ちゅひさ あっけー
       そうだった  巻貝なんて  一足   歩けば
       ちかまらんちかみ          すか      
       掴めそうにない(手からこぼれる)程の(沢山の巻貝が)

       うぅたせー
       いたじゃない
       ぐまだくから がにからんち まんどーたんどーやー
       小さなタコや   かになど  いっぱいいたわよね

まじるー :はーまんじ かんかなー かめーてぃ うりっし
       砂浜で    缶を    見つけて  それで
       にち かむたせー
       煮て  食べたじゃない
まかとぅー:やたんやー
       そうだったわね~
まじるー :がっこうぬ うわれー  うみあっち  やまあっち
       学校が    終れば   海に行ったり  山に行ったり
       うむっさむん  やたんや~
       楽しいもの   であったよね
まかとぅー:あんしが うやんかい 「うみんかい んじゃん」でぃ
       だけど   親に   「海に     行った」と
       いいねー ぬらーりーぐとぅ くゎっきてぃる
       いうと   叱られるので   隠れるようにして
       いちゅたせー 
       行っていたでしょう~
まじるー :やさ (笑) やしが うやー わかとーたんどーやー
       そう (笑)  だけど 親は  知っていたわよね
       だーあんせー しんたく しーねー  ポケットから
       だってほら   洗濯(を) すると  ポケットから
       ぬーからんち しなぬ いっちるうぅせー
       何からと     砂が   入っているじゃない

まかとぅー:やさ (笑)
       そう  (笑)
まじるー :やしが なげー はまうりん   さんなてぃやー
       だけど  長い間 「浜下り」も  しなくなったわね
まかとぅー:んん わったーが わらびぬばーや ゐなぐぬうやぬ
       んん  私たちが  子供のときは  母親が

       ゐなぐちょーでー ちゅいなーちゅいなー
       姉妹        一人一人に
      うじゅー ちみてい とぅらすたしが・・・ 
      お重(を) 詰めて  くれたけど・・・

まじるー :やたんやー    なまー うんなくとぅん
      そうだったわよね  今は  そんなことも
      さんなてぃやー  くとぅせー うじゅー
      しなくなったわね  今年は   お重(を)

      ちみてぃ  いちゅみ
       詰めて   行こうか
まかとぅー:あいや ゐーかんげーやさ いかやー
       あら   いい考えね     行こうね


まかとぅー:まじるー これみてごらんなさいよ 綺麗でしょう
まじるー :あら~ ホント 綺麗な貝ね~
まかとぅー:でしょう~ この前 潮干狩りに行って来たのよ
       もうすぐ ※「3月浜下り」でしょう

       ※さんぐゎちはまうり(三月浜下り)
         旧暦の3月3日に女性が潮干狩りや浜辺でおしゃべりなどを
         して遊ぶ行事。子供の頃は、母が姉妹各々重箱にご馳走を
         詰めてくれ、それをお仏壇に供え祖母が健康と幸せを
         祈ってくれた。

       まだ早いかもしれないけど、この前の土曜日は
       大潮だったじゃない そろそろ 遠浅になっているかも
       知れないからって行ってみたのよ
       やはり時期ってあるのね 「浜下り」の日のようには潮も
       引いてなかったわよ
       この頃は 浅瀬には昔ほど貝もいなくなったよねぇ

まじるー :それでもこんなに沢山獲れたじゃない
       まだこんなに綺麗な貝も獲れるんだ
       昔はもっと大きいのも獲れたけどね~
まかとぅー:そうよね 巻貝なんて一足海に入れば
       そこら中にわんさかいて、小さな蛸やカニも良く獲れたわよね
       浜辺で空き缶を見つけて煮て食べたり・・(笑)

まじるー :そうそう 美味しかったよね (笑)
       学校が終れば海に行ったり山に行ったり
       楽しかったわね~
まかとぅー:けど「海に行った」なんて親にいうと叱られので
       黙って行っていたでしょう

まじるー :そう (笑) 
       けど 母親は知っていたわよね
       だって洗濯をするとポケットや服に砂が
       付いているんだものね ははは
       ばれるので一応は砂を叩いて帰ってはいたけどね

まかとぅー:(笑い) んん  
まじるー :そういえば 暫く 三月浜下りなんてしてないわねぇ~
まかとぅー:そうね 私たちが子供の頃は 3月3日には母親が
       姉妹ひとりひとりにお重箱を詰めてくれていたじゃない
まじるー :そうね~ 懐かしいわね~
       今年は お重箱でも詰めて行きましょうか
まかとぅー:あら いいわね 行きましょうよ


Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.