FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
枇杷
      枇杷     びわ

       2/2
まかとぅー:やいびーん うぅ~
       そうなんです か(敬語)
んめー  :ちゅ たるがきーしやか どぅーっし すしる
       人を  あてにするより  自分で  やる(方が)
       へーさる いゃーん  し  んーでー
       早いわよ  あなたも やって みたら

まかとぅー:(笑)やいびーんやー
         そうですよね

       やいびーしが むしぬ まんどーいびーせーやー
       そうですけど  虫が  いっぱいいますよね
       みーはんちゃー     むしぬ うぅいびーんどー たい
       目を見開いて(睨んでいる)虫が   いますよ (敬語)

       ちゃっさ うとぅるさいびーくとぅ
       どんなに  恐ろしい事でしょう

んめー  :んーが ちゃっさ みーや はんちぬぎとーてぃん
       どうして どんなに 目を (カーッと)見開き過ぎていても
       いゃー までぃ くゎーんちぇー さんさに
       あなた  まで  食おうとは  しないでしょう↑

まかとぅー:あんや やいびいーしが・・・(笑)
       そうでは ありますが

       ぐーしっし うとぅせー いーちゅー ひち
       棒で     落すと   糸(を)  引いて
       ぶーらーぶらーっし     てんとぅい てんとぅい
       ぶらぶらと(垂れ下がって) くね     くね(と)
       さびーせーやー たい
       しますよね (敬語)

       あ~ うとぅるさぬ
       あ~  恐い

       また うぬ いーちゅー ちれ~  みーん
       また  その 糸を   切ると   目も
       はんちぬぎてぃ    むっくい むっくいっし
      (かーっと)見開いて   むっくり むっくりと

       ほうてぃ ちゃーびーせーやー
       這って   来ますよね      
       あ~ な~ きーぶるだーちゃ~ さびーさ
       あ~ もう  鳥肌立ち(が)   しますよ

んめー  :ぬーが    ぬーぬ うとぅるさる
       どうして~↑  何が  恐いの~↑
       むしの~    ぬーん さんそーてぃ (笑)
       虫(の方)は   何も  しないのに

       だー あんせ~ わんにん まじゅん
       ほら  それなら 私も   一緒に
       しー  とぅらさ  
       やって  とらせよう(あげるわ)

まかとぅー:うぅーうぅ うぅー
       いいえ(否定の敬語)
       わんね~ うとぅるさいびーるむん
       わたしは  恐いですもの
       なま~ しまびーさ
       今は   よろしいです

んめー  :あん            すんな~(笑)
       そのように(やらないことに) するの~↑

まかとぅー:うー にふぇーでーびる
       はい  有難うございます

       あい んめ~たい なま さーたーあんだーぎー
       あっ  おばあさん 今   さーたーあんだーぎー
      あぎてぃ ちゃーき やいびーさ
      揚げた  ばかり  なんですよ
 
      うさがみそーれー
      召し上がって下さい

んめー  :ゐーゐ ゐー
       いえいえ(否定いいわよ)
       やーんじ たんめーが まっちょーるむん
       家で   おじいちゃんが 待っているもの

まかとぅー:あい あんせー たんめーむぬん   むっち
       あら そうなら  おじいちゃんのも  持って
       めんそーち まじゅん うさがみそーれー
       行かれて   一緒に  召し上がって下さい

んめー  :にふぇーどー
       ありがとう

  
枇杷
       枇杷        びわ


         1/2
んめー  :まかとぅー まかとぅー よう
       まかとぅー まかとぅー  ってば

まかとぅー:あゐー すんじゃぬ んめー たい
       あら  潮平の     おばあちゃん
       あんし あわてぃみそーち    ちゃーしみそーちゃが
       そんなに あわてていらっしゃって どうなさったんですか

んめー  :えー いったーやーぬくしーぬ あたいんかい
       ねぇ  あなたの家の後ろの   菜園に
       いーてーぬ 枇杷よー
       植えてある  枇杷ね~

       ちゅらーく すーさーんかい ちっちかってぃ
       すっかり   ヒヨドリに   突っつかれて
       かむせー  ねーんどぅ    ないさ
       食べるのが  なくなる事に   なるわよ

まかとぅー:あんさび~くとぅ よーんでー
       そんな風なので そうなんです)

んめー  :わんが なま うーいや さしが   また ちゅーるはじど~
       わたしが 今  追いは したが   また 来るかもしれない
       きーぬ しちゃ~や  むる       ないぬ
       木の   下は    全部(ほとんど)  実は
       うてぃてぃる うぅるむん
       落ちているの  だもの
  
まかとぅー:やいびーんどうやー たい
       そうですよね (敬語)
       わった~ ぬーしんかい
       うちの   主人に
 
       「へーくな~ ふくる  かんしてぃ とぅらしみそーり よう ~ 」
       「早く     袋(を)  かぶせて  下さい な」(と急かせる事を)
       上記の「~」これは入力ミスではありません。
        一般的な「よー」と違うのでこの様にしました。

        そういびーしがる めーにち  「いちゅなさんどー」 る
        しているんですが  毎日   「忙しいんだぞう~」 と
               
       さびーる          しぇー     とぅらしみそーらんむん
       するだけで(言うだけで)  やっては  下さらないんです

んめー  :んーが  どぅーしん  かんしーるする
       どうして  自分でも   かぶせたらいいわよ
       わったー むんや わんがる    かんしたんど~
       うちの   ものは  わたし(自身)で かぶせたのよ


Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.