FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
清明祭
      しーみー   じち

      清明祭(の) 季節 (スーパーで) 
    

ちるー  :あい まかとぅー しーみーや うわてぃな~
       あら  まかとぅー 清明祭は  終わった~↑

まかとぅー:あい ちるー ぬーが
       あら  ちるー どうしたの↑

       うぬにっかなーまでぃ しーみーぬ こーいむんな~
       こんなに遅くまで    清明祭のお買い物↑
       わったーや くぬめーぬ 日曜んじ
       うちは    この前の 日曜日で

       むる うわたんど~
       全て  終わったわよ

ちるー  :わったーや あちゃーん やんどう~
       わたしたちは 明日も   なのよ
  
まかとぅー:わったーん くぬめーぬ めーぬ 日曜ん   やたんどう
        わたしたちも この前の  前の  日曜(日)も  だったわよ 
 
        あまくま  あっちゅぬめーぬ あせーやー
        あちらこちら 行く場所が     あるでしょう↑
        たけーんなー すんどうー
        2回も       するわよ

ちるー  :ぬーが  いったーや  たけーんし しまされ~
       それでも あなたたちは 2回で  済ませられれば

        しみるする わったーや みけーんなーすんどー
         いいわよ   わたしたちは 3回も  するわよ

        しんぐゎちぇー 日曜ぬ    かーじ 
        4月は      日曜(日)の  度に
        しーみーる やるむん(笑)
        清明祭を   やるんだもの(笑)
   
まかとぅー:(笑)やんどうやー
       (笑) そうよね

       ちゅけーんっし うわられ~ しむしがるやー
       一回で      終われれば いいのにね

       やしがなー んな あちまてぃ はなしぐゎっちー
       だけど   みんな 集まって  話(の)ご馳走(を)
       すしる たぬしみっし ちゅーるむんやー
       する事を 楽しみにして 来るのだものね
 
ちるー  :やんやー(笑)
       そうよね

        ひーじー みーらん       ちゅん ちゅーい
        普段    見えない(会えない) 人も  来るし
        はなしーんない うりさーあせーやー
        話も出来るし   楽しくはあるわよね

        なー ちゅはまい すんてーなー
        もう  一頑張り  するわよ

まかとぅー:やんやー
         そうね

        だ~ うぬ こーいむの~ わんが むった
        ほら  その 買い物は   わたしが 持つわよ
ちるー  :あんすんな~↑
        そうしてくれる↑

        やしが うれー んぶさんど~
        だけど  それは 重いわよ
まかとぅー:しむさ だー
        いいわよ ほら

        あちゃ~や あめ~ ふらんけ~  しむるむんやー
        明日は   雨が   降らなければ いいのにね
ちるー  :やんやー
        そうね

        あいっ かじぬ ちゅーさよー ひーさぬ
        あら   風が  強いこと   寒いわ   
まかとぅー:ゆろ~ なーま しーびーさぬやー
        夜は   まだ  肌寒いわね

枇杷 びわ
         枇杷     びわ

                 

んめー  :まかとぅー まかとぅー

まかとぅー:あら  潮平のおばあちゃん
       どうなされました そんなにお急ぎで・・

んめー  :お宅の裏庭の枇杷  ヒヨドリに 突っつかれて
       実が周りにすっかり落ちているわよ
まかとぅー:そうですよね
んめー  :今 追っ払ったけど また来るかも知れないわね
    
まかとぅー:そうなんですよ
       主人に「早く(実を覆う)袋をかぶせて下さい」
       と急かせているんですが いつも「忙しい忙しい」と
       言うばかりで やってくれないんです

んめー  :あら うちのは わたしがやったのよ
まかとぅー:えーっ そうなんですか
んめー  :あなたも やってみたら 自分でやったほうが 早いでしょう

まかとぅー:(笑)そうですけど・・・虫がいますよね
       カーッとこう目を剥いていてこっを 睨んでいる様な虫が・・

んめー  :そうお(笑)でもあなたを取って食おうって訳では
       ではないでしょう(笑)

まかとぅー:(笑)そうですけど・・
       棒で落すと糸を出して ぶらーんと垂れ下がって 
       くねくねくねっとしますよね
       あ~ 考えただけでも恐いです

       また その糸を切って地面に落すと むっくむっくと
       這ってこっちへ向かってきますよね
       あ~ 鳥肌が立って来ました

んめー  :あら~ どうしてよ 何も恐いことないじゃない
       虫はあなたに何もしないわよ
       ほら 私も手伝ってあげるから・・
まかとぅー:いいえ 恐ろしい 今は無理です      
んめー  :(笑)そうお

まかとぅー:有難うございます

       あっ 今 サーターアンダーギ―を揚げたばかりですけど
       召し上がりませんか
んめー  :有難う いいわ うちで おじいちゃんが
       待っているもの
まかとぅー:じゃあ おじいちゃんのも 持って行かれて 
       一緒に召し上がって下さい
んめー  :有難う 



 

Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.