FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
有難うございます
にふぇーでーびる 有難うございます

(3/5日・25と29行目を加筆しました)

ちむがしーっし うたびみそーち にふぇーでーびる
心・応援を     していただき  有難うございます

くぬ ぶろご~ うちなーぐち ならいしんかい ちかとーみせーん
この ブログは  沖縄口(を) 習うのに     使われている
でぃぬくとぅ  くり   ゐーてぃぬ    くと~   ねーびらん
とのこと     この  上手(位置)の  こと(は) ありません

うちなーぐちぇ~ しまにゆってぃ   くとぅばぬ ちがいん でー いちん
沖縄口は      島(集落)によって  言葉が  違う   とは  言っても

まーがな てぃーちぬ 本島ぬ  しまぬ    くとぅば    ちちゆーすん
どこか   一つの    本島の 島(集落)の  言葉(を)  聞ける

どぅん  やいびーれー 本島やれー    まーぬ  しまぬ     くとぅば
というので ありましたら  本島であれば   どこの  島(集落)の 言葉
やらわん  てーげー  ちちゆーすん でぃ うむいびーん
であっても  大概     聞ける   と  思います

わったー  めーや   [d ]ぬ あびーよー  さびーしが  うりが [r]んかい
私たち(の) 前(所)は  [d ]の  言い方(を) 致しますが  それが [r]に
なたい
なったり
     例1: 黙る → だまいん    例2: なるほど → だんじゅか
                らまいん                 らんじゅか

また 「はひふへほ」ぬ 「pa行」「ぱぴぷぺぽ」 「ふぁふぃふゅふぇふぉ」んかい
また 「はひふへほ」が 「pa行」[ぱぴぷぺぽ」 「ふぁふぃふゅふぇふぉ」に
かわたい すぬ  めーん    あゑ~さびーん
変わったり する  前(所)も  ありはします

    例1: 火 → ひ~       例2: 那覇 → なーふぁ
             ぴ~                  なーぱ
             ふぃー
くとぅばぬ あぎさげー              本島ぬ  むらむら 
言葉の   上げ下げ(イントネーション)(は)  本島の  村々
いひなー いひなー     かわてー  うぅいびーん
少し     少し(少しずつ) 変わっては  います
ゆかい がわい  そーぬ    しま(集落)ん あゑーさびーん
かなり  変わって いる(様な)  島(集落)も  ありはします

あんしん てぃーちぬ しまぬ     くとぅば  ちちゆーすれー
それでも  一つの   島(集落)の  言葉(を)  聞ければ
ふかぬ しまぬ    くとぅばん ちちゆーすん でぃ うむいびーん
他の   島(集落)の  言葉も   聞ける   と   思います

うちなーぐちぬ くとぅばぬ あぎさげー              あぬむら
沖縄口の     言葉の   上げ下げ(イントネーション)は  あの村 
くぬむら すーぬ あてぃ じちに ちちぐとぅ         やいびーん    
この村   趣が  有り  実に  聞き事(聞き応え)(が)  ございます

わんにん んかしぬくとぅ うびんじゃさがな~ かんげーい かんげーい
私も     昔のことを   思い出しながら   考え   考え(よく考えて)
くめーきてぃ かち   いかなやーんでぃ うむとーいびーん
丁寧に     書いて   行こうと      思っています

やいびーしが わんねー どぅーぬ   しまぬ     うちなーぐち  あびーしとぅ
そうですが   私は   自分(の所)の  島(集落)の  沖縄口(を) 喋るのと

本島ぬ うちなーぐちぇ~ ちちゆーさびーしが くとぅばぬ がくむの~
本島の  沖縄口は     聞けますが     言葉の   学問は 
せー  うぅいびらんぐとぅ むちかしー くと~  わかいびらん
しては  おりませんので   難しい   ことは  分かりません

また  まるけーてー なままでぃ かちちゃし    んーち のーちゃい
また   たまには   今まで   書いて来たのを  見て  直したり
すぬばーん あいびーしが んま~  くねーてぃ  うたびみそーち
する場合も  ありますが   そこは  お許し    下さいまして
うかたがたん のーさがな~  んーち うたびみそーり
お方々も    直しながら    見て  下さい(ませ)


Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.