FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
今もって・・
なまちきてぃ・・       今もって・・

小学校   あっちょーいに 「交通安全教室」んち    あいびーたしが
小学校(を) 歩いていた頃 「交通安全教室」というのが ありましたが
小学生の頃 「交通安全教室」というのがありましたが

うにーに 「みち   あっちーねー  かんし    あっきよー」 んち
その時  「 道(を) 歩く時は     この様に   歩いてね」  と
みちぬ あっちよう        ならいびたしが   なーま 復帰めーる 
道の   歩き様(歩き方)(を)  習いましたが     未だ  復帰前で
やいびーてーくとぅ 「人は左 車は右」 んち  ならいびたん
ありましたので    「人は左 車は右」  と   習いました

しゅうくぬん 「左側を歩きましょう」 んち 黒板かい かかりーぬ
週訓も    「左側を歩きましょう」  と  黒板に   書かれる
くとぅん あいびーてーくとぅ うりが  なまちきてぃ どぅーぬ  あんが 
事も   ありましたので    それが 今もって    身体が  そうだと
うむとーら    めーから  あったに 車ぬ  ちーねー なまちきてぃ 
思っているのか   前から  急に   車が   来たら  今もって
ひじゃいばたーんかいる  ゆいびーるむん
左端の方へ          寄るのです
左側へ寄ってしまいます

あんし 「あいあい なま~ ちゅや にじりる    やてーるむん」 っち
そして 「あらあら  今は   人は 右(側の方)  だったわね」  と
にじりんかい どぅきないびーしが わらび  やたいに  ならたい 
右に        退きますが     童    だった頃に  習ったり
そーたい させー ちゅーじゅーとぅ ちぶるとぅ どぅーんかい ぬくてぃ
やっていた のは   強く        頭と    身体に    残って
そーそー ちゃーいるもの~  あいびらんさー
そうそう   消えるもものでは  ありませんね
 
がくむぬん てーしち やいびーしが  どぅーんかい うびらすせー
学問も    大切   でありますが  身体に     記憶させるのは
わらび やいに   ありくり    そーちゅし    やいびーっさーやー
童    である頃に  あれこれ  しておくべき    でありますね 

きに半濁点の平仮名
「き」に半濁点の平仮名 「き゚」

                 口語調   (2) 

やいびーしが     うぬ   ちゅけーんどぅ ちちゃぬ くと~ 
そうではありますが   その  一度だけを    聞いた 事が
あいびーる うぬ  あと~ ちちぇー    んーじゃびらん
あるだけで  その  後は  聞いた事は  見ません(ありません)

音声記号   かちゆーさびれー しまびーしが うりん  むちかさぬ 
音声記号(を)  書けますれば   済みますが  それも  難しくて
音声記号を書く事が出来ればいいんですが
かちゆー さびらんあいやー・・
書く事が  出来ませんしねぇ・・

わったー しまんじぇー 着物(服)ぬ くとー 「ちん」でぃ いゃびーしが
うちの   島(集落)では 着物の   事は  「ちん」と  言いますが
なーくんじぇー 「き゚ん」でぃ いーんでぃ  いちょーいびーたんよー
宮古(島)では  「き゚ん」と  言うのだと   言っていたんですよ

ちちゃんでぃぬ くと~ しかとぅ   うびとーいびーしが
聞いたという   事は  しっかりと  覚ええいますが
ふんとーがやら なままでぃ    しらびたぬ くと~ ねーびらん>
本当なのか   今まで(これまで) 調べた   事は  ありません

ふんとーがやら ぬーがやら わからんむん   かちん
本当なのか    何なのか  判らないもの(を)  書いても
ちゃーがやーやー んでぃ うむたいん さびたしが
どうなのだろう     と    思ったりも しましたが

ちちょーてぃ うぬまま~んでぃしん さちざち  ちむががい
聞いていて   そのままというのも   先々   肝(心)掛かり
すんねーっし かちゃびたん
する様で     書きました  (終)

 「き」に半濁点の文字が入力出来ず 「き゚ ウィキペディア」の文字を
   使わせて頂きました  有難うございます

   にふぇーでーびる ぐりーじ  うんぬきやびら
    有難うございます  お礼(を) 申し上げます


Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.