FC2ブログ
沖縄口で日常のことを書いてみたいと思います。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
昔の人 んかしんちゅ
   んかしんちゅ      昔の人

しじゅーぐー まんぐら   やたんでぃ うむいびーしが うゆーゑーぬ
45       あたり(の事)    だったと   思いますが    お祝が
あてぃ どぅしぬやー んかい んち  車    あっかちょーいびーたん
あって  友人宅    へ    と   車(を)  歩かせていました
45歳位の頃だったと思いますが 友人宅で祝い事があり
車を走らせていました


あい やさ   ちゅーや  ちゅぬ うふぉーく  すりーるむんぬ
あっ  そうだ  今日は   人が  多く      集まるし
にっかん なとーい   わん     くるま~ とぅみーぬ めーん
遅くも   なっているし  わたし(の) 車は  留める   前(場所)も
ねーんはじ ひらぬ しちゃぬ もーんかい      とぅみらどー  んち
ないだろう  坂の  下の   草原(くさはら)に    留めよう   と
車    あっかちょーいびーたん
車(を)  歩かせていました  車を走らせていました

あんしーねー しちゃから 学校げーいぬ さんにんしー まんぐるぬ
そうすると    下から   学校帰りの   三年生    位の 
わらびんちゃーが  ひら    ぬぶてぃ  ちゃーびーたん
子供たちが      坂(道を) 上って    来ました
みちん いばさぬ わらびんちゃー たんきがちー   よーんなー 
道も    狭く   子供たちに    気を付けながら  ゆっくり
車    あっかち しちゃぬ  もーんかい      車とぅみてぃ
車(を)   歩かせ 下の    草原(くさはら)に   車(を)留めて
車を走らせ下の草原(くさはら)に車を留めて

うーあわてぃーっし  ひら    ぬぶてぃ  いちゃびたん  あんし
大慌てをして      坂(道を) 上って   行きました   そして
大急ぎで坂を上って行きました

わらびんちゃー  いーぬじ   ぐすぐす  あっちょーいびーたくとぅ
子供たち(を)    追い越して  スタスタ  歩いていますと

くしから  後ろから

「んかしんちょー あっちゅし へーさんやー」 んでぃぬ
「昔の人は     歩くのが   速いね」   との
くぅゐーぬ ちかりやびーたん
声が      聞こえました
ゐー!?  わんねー んかしんちゅ!?
えっ!?   私は    昔の人!?

「んかしんちょー  あっち  なりとーくとぅ  へーさんよー」 んでぃ
「昔の人は      歩き   慣れているので  速いよ」    と
なーちゅいぬ  わらびぬ  くぅゐーぬ さびーたん
もう一人の    子供の    声が    しました
わん くぅとぅる やいぎさるむん  ・・・・・
私の  ことで   あるらしい ・・・・・ どうも 私のことらしいわね

わんねー んかしんちゅ     やがやー !?  ・・・・・・・・・
私は     昔の人(と言う事)    なのかしら !? ・・・・・・・・

んちゃ  あんがやら わからんやー  かんげーてぃ んーでー
そう    そうかも   知れないわね  考えて    みると
わんにん うやだき    ねー  んかしんちゅ んでぃ いちゃぬ
私も    親(の年の丈) には 昔の人     と   言ったような

くとぅん あんねーすい     さんにんしー まんぐら  やれー
事も    ある様な気がするし  三年生    位(で) あれば
あん   いーや   すんやー   やしが
その様に  言いは   するわね   だけど

なーま とぅすゑー あらんしがやー んち  うむいがちーなーん
まだ   年よりとは 違うのにな   と    思いながらも
まだ 年寄りでは ないのになと思いながらも

あんせー  なー  なーひん  へーく  あっかどー  んち 
それなら   もう  もっと    速く   歩くとしよう  と
ひら  ぐすぐすばいっし  ぬぶてぃ いちゃびたん
坂(道を) スタスタ早足で  上って  行きました

※ 「ひら」は 言葉の前後の関係から「坂」と「坂道」に訳しました
   
   あぬ  みちぇー  ひら    なとーん
   あの   道は    坂(に)  なっている
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 沖縄方言であれこれ. all rights reserved.